弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

捨てない机=$100の借金

机は買っちゃだめって、課長が。
まだ使えるからって。

捨てようと思った机だが、考えを改めてまだ使うことにした。
結果的には事前・事後で何の変化もないが、「捨てるはずのものを捨てなかった」という部分に価値を見い出すベクトルもあるのではないか。

そういう話。

---------------------------------------------
とある寂れた町の寂れたホテルに、一人の男が客として訪れた。
男は「部屋を見てから決める」と言って、ホテルのカウンターにとりあえずの$100札を置き、各部屋を見に行った。

ホテルのオーナーはその$100札を握りしめ、馴染みのバーに走った。
ツケで飲み食いさせてくれる良心的なバーのマスターに、ツケてあった$100を支払った。

バーのマスターはその$100札を胸ポケットに忍ばせ、得意先の肉屋に向かった。
ツケで肉を卸してくれる良心的な肉屋の主人に、ツケてあった肉代を$100札で支払った。

肉屋の主人はその$100札を持って店を飛び出し、お気に入りの娼婦の所へ走った。
ツケでも相手をしてくれる良心的な娼婦に、感謝を込めて$100支払った。

娼婦はその$100札を胸の谷間に挟み、商売で使うホテルに向かった。
商売で使う部屋をツケで提供してくれる良心的なホテルのオーナーに、$100を支払った。

ホテルのオーナーが、受け取った$100札をカウンターに置いた時、部屋を見に行っていた男が戻ってきた。
「いい部屋がないから別の所へ行く」
男はそれだけ言うと、カウンターの$100札を財布に戻し、町に消えていった。

誰も$1も得ていないのに町中の借金がなくなり、町は俄に活気を取り戻したそうだ。
---------------------------------------------

冒頭の机の話に似ている。

似てるったら似てる。

$100
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/967-bc0941cb
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。