弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

枯渇する在庫

まだ引っ張る。


しかし、リトアニアの例の店は、慢性的に品不足なのだという。
ニキシー管自体が既に生産されておらず、現在出回っているのは全てデッドストック品だという事実は考慮せねばならないが、近年その販売先のほとんどが「日本」であるという点も見逃せない。

最近なんかのアニメに、ニキシー管の使われたガジェットが登場したらしいのだ。
たったそれだけで、遠いリトアニアの販売店の在庫が枯渇する事態。
ジャパニーズオタクのこういう行動力はすごい。
勝手な偏見ではあるが、電子工作も得意そうじゃん、なんか。

何もわざわざリトアニアで買わなくても、日本にだってニキシー管時計のキットはある。
小坂井電子のキットとか。
それでもわざわざ海外から個人輸入するってのは、もちろん価格が高いというのもあるが、
それ以上に、日本で買えるものよりも機能が断然いいからだ。

・ディマー機能(明るさを感知し、夜に消灯して管寿命を延ばす)
・時間情報保持(コンセントを抜いても、時間情報が保持される)

この2点だけでも、頑張ってリトアニアから取り寄せようと思うには十分な理由になろう。
前述のように、現在ニキシー管は生産されていない。
その寿命を少しでも延ばしたいと思うのがA型だろう。
更には専用のGPSもオプションとして販売されていて、これを使えば自動時間調整(要するに電波時計)も可能になる等、拡張性も素晴らしい。(ワタクシは搭載しない)
GPSとか高い拡張性とか、好きそうじゃん、オタク。

ハッ、もしや、上記の機能を搭載したニキシー管時計キットを日本で販売すれば儲かるのではないか。
ハッ、もしや、販売が伸び悩んでいる商品をアニメに出せば、爆発的に売れるのではないか。
以上のアイデアに基づく商談お待ちしております。

枯渇

例によって、「ガジェット」という単語を使いたかっただけだ。
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/978-74b3c1b4
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。